• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

『 福祉事務所 』 内のFAQ

137件中 1 - 10 件を表示

1 / 14ページ
  • 児童扶養手当の額が2分の1に減額されるそうですがどのようになるのですか。

    平成20年4月から、児童扶養手当法第13条の2の規定に基づき、手当の一部支給停止措置が実施されております。 児童扶養手当の受給から5年等を経過する要件にあてはまる受給資格者(養育者以外)で、一部支給停止除外事由に該当されない場合には、5年等を経過した翌月の手当から支給手当月額の2分の1を支給停止となる措置で... 詳細表示

  • 障がい者に関する郵便物について料金の割引制度はありますか。

    郵便料金の割引には以下のものがあります。  ○点字郵便物、点字用紙及び盲人用録音郵便物   無料(3㎏以内)※日本郵便株式会社が指定する施設から差し出し、又はこれらの施設にあてて差し出されるものに限る)  ○心身障がい者団体が発行する定期刊行物に対する低料第三種郵便物の承認条件の特例   (1回の... 詳細表示

  • 再婚相手が配偶者の児童と養子縁組をした場合、児童手当は支給されますか?

     仮に、母子家庭で児童手当を受給していた人が再婚し、妻の子が夫と養子縁組をした場合は、所得の高い方が受給資格者となります。夫の方が所得が高い場合は、妻から夫へ受給者の切替が必要です。妻の方が所得が高い場合は、切り替える必要はありません。ただし、名字を変更する場合は、新しい名字の口座に振り込むことになりますので、氏... 詳細表示

  • 障がいのある人のための住宅改修について教えてください。

    ○在宅重度障がい者住宅設備に対する助成事業 制度概要  在宅の1・2級の身体障がい者(児)が日常生活の不便を解消するため住宅を改善する事業に対しその経費の一部を助成します。 対象者 ・身体障害者手帳1・2級 ・市民税均等割のみ課税世帯 またはそれ以下の世帯 補助額  上限 666,000... 詳細表示

  • 生活保護について知りたい

     生活保護制度は、生活費や医療費などに困っている方に一定の基準に従って最低限度の生活を保障し、自立に向けて援助する制度です。  日常の生活費を援助する生活扶助、義務教育に関する費用を援助する教育扶助のほか、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助および葬祭扶助の8つの扶助があり、生活の状況により、必要な... 詳細表示

  • 低所得の子育て世帯への子育て世帯生活支援特別給付金について

    低所得の子育て世帯への子育て世帯生活支援特別給付金とは 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親・ふたり親子育て世帯へ、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を給付します。 (1)ひとり親世帯 松山市ホームページに掲... 詳細表示

    • No:3810
    • 公開日時:2021/03/30 00:00
    • 更新日時:2021/04/15 12:50
    • カテゴリー: 子育て支援課
    • ウィザードFAQ
  • 児童手当現況届について教えてください。

    Q1.現況届はいつ届く?  毎年6月1日頃送付します。郵便の関係で1~2日遅れることがありますが、5日を過ぎても届かないときは子育て支援課にご連絡ください。 Q2.受付期間と届出窓口は?  6月1日~30日の平日に、市役所別館2階 子育て支援課・市役所本館1階 福祉届出コーナー・各支所(出口出張所を含む... 詳細表示

  • 障がいのある人のための日常生活用具の給付について教えてください。

    ○日常生活用具の給付 制度概要  重度の障がいのある方のために、特殊寝台などの日常生活用具を給付しています。 対象者  在宅で暮らしている身体障害者手帳もしくは療育手帳をお持ちの方 (※ 支給要件がありますので、必ず事前に障がい福祉課までお問い合わせください。) 日常生活用具の種類(H18.1... 詳細表示

  • 子ども医療費助成の医療費の払戻しについて教えてください

    ○以下の場合は、払戻しの対象となります。下記の必要書類をご持参のうえ、指定の場所で期間中にお手続きください。 申請日の翌月末に指定口座に振込により、払戻し(償還払い)をします。  ・愛媛県外の医療機関等で受診したとき。(自己負担分の支払い)  ・受給資格証を忘れて受診したとき。(自己負担分の支... 詳細表示

  • 児童扶養手当の受給資格の証明書はありますか

     児童扶養手当の受給資格の証明書として『児童扶養手当証書』をお渡ししておりますので、改めて証明書の発行はしておりません。この『証書』は、原則として有効期間が1年(毎年11月1日~翌年10月31日)となっております。  ただし、所得限度額を超えることにより手当が全額支給停止になっている方には、この『証書』をお渡し... 詳細表示

137件中 1 - 10 件を表示