• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 国民年金 』 内のFAQ

31件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 年金手帳を紛失しました。再発行はできるでしようか。

    年金手帳は再発行できます。紛失した方は、ご自身が年金事務所に印鑑と運転免許証などの本人の確認ができるものをお持ちになり、再発行の申請をお願いします。また、紛失した方が、第1号被保険者であれば、国保・年金課 年金担当または支所で手続きできますが、年金事務所から郵送となりますので、3週間程度日数がかかります。 詳細表示

    • No:844
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2017/04/18 14:00
  • 年金生活者支援給付金について詳しく教えてください。

    日本年金機構が給付金のお問い合わせダイヤルを開設していますので、ご自身の基礎年金番号がわかるものをご用意いただきご連絡下さい。 「ねんきんダイヤル」 0570-05-1165 050から始まる電話でお掛けの方は(東京)03-6700-1165  <受付時間>   月 曜 日 午前... 詳細表示

    • No:2329
    • 公開日時:2019/06/18 11:48
    • 更新日時:2019/07/05 08:25

  • 会社を退職した場合、国民年金に加入しなければならないのですか

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の方で、厚生年金や共済組合などに加入している方を除き、国民年金に加入していただきます。会社を退職したことにより厚生年金に加入しなくなった場合は、国民年金の第1号被保険者として加入が必要です。国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。 手続きに必要... 詳細表示

    • No:1426
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:41
  • 年金生活者支援給付金はいくらもらえますか。

    現時点で、年金機構も受給者の金額算定を行っているところですので、本市ではお客様支給金額についてのお答えはできません。 9月には、日本年金機構より給付金の見込み額が、該当者の方のお手元に届くことになっていますので、そちらでお確かめ下さい。 詳細につきましては、日本年金機構に給付金のお問い合わせダイヤルを... 詳細表示

    • No:2326
    • 公開日時:2019/06/18 11:47
    • 更新日時:2019/07/05 08:28

  • 国民年金保険料の納付が困難なのですが、免除または納付を猶予する制度はありますか。

    就職が困難あるいは失業などにより所得が少なく国民年金保険料を納めることが困難な人には、本人・配偶者・世帯主の前年の所得が一定基準以下であれば保険料を免除または納付猶予する制度(20歳以上50歳未満の方)があります。 なお、申請免除及び納付猶予手続きは、毎年7月に行なう必要がありますが、前年度において継続免除申請... 詳細表示

    • No:1423
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:43
  • 年金生活者支援給付金はいつからもらえますか。

    この制度の開始は令和元年10月1日より制度のスタートとなっています。 9月には、日本年金機構より請求書が、該当者の方のお手元に届くことになっています。必要事項を記載後、目隠しシール、62円切手を貼り、郵便ポストに投函して下さい。 その後、日本年金機構より、支給決定通知書がお客様の元へ到着し、さらに、年... 詳細表示

    • No:2325
    • 公開日時:2019/06/18 11:23
    • 更新日時:2019/07/05 08:29

  • 20歳になったら国民年金に加入しなければなりませんか

    20歳になって厚生年金や共済組合に加入していない場合は、国民年金に加入する必要があります。年金事務所から加入のお知らせが送られてきますので、国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。後日、年金手帳と国民年金保険料納付案内書が送られます。 手続きに必要なもの 年金事務所から送られてきた書類... 詳細表示

    • No:1427
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 14:04
  • 会社員である夫が退職しましたが配偶者である私も国民年金の届出が必要でしょうか

    厚生年金や共済組合に加入している方に扶養される配偶者(第3号被保険者)は、ご主人が会社を退職した時には第1号被保険者への変更の手続きが必要です。国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。 手続きに必要なもの 基礎年金番号がわかるもの(年金手帳など)・印鑑・ご主人の退職日がわかるもの(離職... 詳細表示

    • No:1425
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:41
  • 学生なので国民年金保険料の納付が困難なのですが

    学生の納付特例制度は、学生である第1号被保険者について、申請して承認を受けることにより、4月からその年度末までの保険料の納付を猶予し社会人になってから保険料を納めることができるようにするものです。なお、申請は毎年必要です。国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。 手続きに必要なもの 基... 詳細表示

    • No:1422
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:36
  • 年金生活者支援給付金の手続き

    市役所で受け取ることは可能ですが、受取後、集計し、日本年金機構へ郵送しますので、直接お客様が郵送するよりも機構への到着が1週間程度遅くなり、その後の処理が遅れ、郵送していただいたお客様に比べ支給が遅れることが予想されるためご自身での郵便ポストへの投函をお勧めしています。    詳細表示

    • No:2328
    • 公開日時:2019/06/18 11:48
    • 更新日時:2019/07/05 08:26

31件中 1 - 10 件を表示