• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 退職 』 内のFAQ

19件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 生活資金の貸付制度はありますか。

    生活福祉資金貸付制度 低所得者、障害者又は高齢者世帯に対し、資金の貸付けと必要な、援助指導を行うことにより、その経済的自立及び生活意欲の助長促進並びに在宅福祉・社会参加の促進を図り、安定した生活が送れるようにすることを目的とします。 ※生活福祉資金の貸付制度については、資金種類... 詳細表示

    • No:1949
    • 公開日時:2018/06/15 11:50
    • 更新日時:2020/08/07 13:37
  • 退職所得の源泉徴収票・特別徴収票はいつまでに提出すればいいですか

     退職所得の源泉徴収票・特別徴収票は退職後1月以内に1部を該当市町村に提出していただきます。 詳細表示

    • No:1760
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2009/02/04 11:00
  • 退職金に対しての市県民税はどのように納入するのでしょうか 

     退職金に対する市県民税は退職手当の支払われるときに税額を計算し、市県民税を源泉徴収していただくようになります。 給与分について特別徴収をしている事業所につきましては、毎月納めていただいている特別徴収の納入書をお使いいただけます。その際、表面の内訳については2段目の退職所得分のところへ市民税、県民税の合計をご記入... 詳細表示

    • No:1762
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2013/03/15 17:00
  • 会社を退職した場合、国民年金に加入しなければならないのですか

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の方で、厚生年金や共済組合などに加入している方を除き、国民年金に加入していただきます。会社を退職したことにより厚生年金に加入しなくなった場合は、国民年金の第1号被保険者として加入が必要です。国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。 手続きに必要... 詳細表示

    • No:1426
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:41
  • 退職金に対しての市県民税はどのように計算するのでしょうか

     「退職所得に対する住民税の特別徴収の手引」を参考に計算していただきます。お持ちでない場合は、納税課特別徴収担当までご請求ください。 詳細表示

    • No:1763
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2013/03/15 17:00
  • 国民健康保険証の有効期限について

     国民健康保険証の有効期限は8月1日~翌年の7月31日までとなっております。 国民健康保険証は毎年8月に更新があり、新しい保険証はご自宅に郵送いたします。   ※ただし、以下の事由に該当する方は有効期限が異なる場合があります。(1)7月31日までに75歳になる方  有効期限は、誕生日の前日となります。  75歳か... 詳細表示

    • No:82
    • 公開日時:2014/08/21 00:00
    • 更新日時:2014/08/26 15:00
  • 市県民税申告(市県民税)と確定申告(所得税)の違いは何ですか

    市県民税は、その年の所得が確定してからその翌年に課税するものです。所得税は、前年の所得を自らが申告して納付する「確定申告」と、支給される給与・賃金・報酬等から支給額に応じた所得税を差し引く「源泉徴収」とがあります。なお、「源泉徴収」されている人のうち、給与所得者で給与所得のみの人は、1年間の所得が確定した際(中途... 詳細表示

    • No:1741
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2010/11/22 18:00
  • 所得税の確定申告(還付申告)のように、市県民税の申告をすると税金が戻ってく...

    確定申告は、会社等でおこなった年末調整後に修正がある場合や、退職等で年末調整が出来なかった場合におこないます。たとえば、扶養控除の取り忘れや、一定額以上の医療費の支払いがあったり、給与以外に営業や不動産などの所得がある場合です。(市民税課ホームページをご参照して下さい。)確定申告をする事により、余分に引かれていた... 詳細表示

    • No:1739
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 給与支払報告書はどういう場合に松山市に提出する必要があるのですか。

    1月1日において給与の支払いを受けている従業員等が、1月1日に松山市内に居住している場合に、給与支払報告書を提出していただく必要があります。その年の1月1日現在の住所が住民票の住所と異なる場合は、実際に住んでいる市町村に提出してください。なお、平成18年度(平成17年分給与)までは、1月1日において給与の支払を受... 詳細表示

    • No:1681
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 会社員である夫が退職しましたが配偶者である私も国民年金の届出が必要でしょうか

    厚生年金や共済組合に加入している方に扶養される配偶者(第3号被保険者)は、ご主人が会社を退職した時には第1号被保険者への変更の手続きが必要です。国保・年金課 年金担当、支所または年金事務所で手続きできます。 手続きに必要なもの 基礎年金番号がわかるもの(年金手帳など)・印鑑・ご主人の退職日がわかるもの(離職... 詳細表示

    • No:1425
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:41

19件中 1 - 10 件を表示