• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 離婚 』 内のFAQ

9件中 1 - 9 件を表示

1 / 1ページ
  • 公正証書の遺言書や契約書を作りたい

    公正証書の遺言書や契約書などについては、松山公証人合同役場へご相談ください。 〇松山公証人合同役場…歩行町2丁目3番地26 公証ビル2階 089-941-3871 詳細表示

    • No:1848
    • 公開日時:2018/02/22 16:26
    • 更新日時:2018/12/19 10:04
  • 松山市以外で法律相談するところはありますか。

    松山市が行っている無料法律相談は、松山市民が対象となります。 それ以外の方は、最寄りの弁護士会や法テラスをご利用ください。 法テラス愛媛 〒790-0001 松山市一番町4-1-11共栄興産一番町ビル4F 電話:050-3383-5580 法テラスでは、IP電話を使用していま... 詳細表示

    • No:1948
    • 公開日時:2018/06/15 11:51
    • 更新日時:2018/12/19 09:47
  • 離婚調停の申し出について知りたい。

    離婚の調停の申し立て手続きは、家庭裁判所で受け付けています。 詳しくは家庭裁判所(089-942-0077)へお問い合わせください。 家庭裁判所を利用する場合の申立手続の概要等についての案内(平日9:00~11:30,13:15~16:30) なお、電話による手続... 詳細表示

    • No:1919
    • 公開日時:2018/02/22 16:26
    • 更新日時:2018/12/19 09:48
  • 離婚のこと(財産分与・養育費・慰謝料)について相談したい。

    離婚に伴うこと(子どもの親権、財産分与、養育費、慰謝料など)の相談を弁護士が面接し、法的助言をする法律相談を行っています。 なお、書類の作成・審査、相手との交渉などは行っていません。 無料法律相談は、毎月第1~第4水曜日に実施しております。閉庁日及び第5水曜日は休みです。 予約制ですので事前... 詳細表示

    • No:1839
    • 公開日時:2018/02/05 10:07
    • 更新日時:2018/04/09 16:23
  • ひとり親家庭(父子または母子家庭)になったときの医療費助成の手続きについて...

    ○対象者 松山市に住民登録のある、以下に該当する方が対象となります。 (1)ひとり親家庭の父または母と子(離婚していても、異性との同居や生計の援助がある場合などは該当となりません) (2)祖父または祖母と孫、もしくは兄または姉と弟妹の家庭で、ひとり親家庭に準ずるもの (3)父母のいない子 ※子とは、20歳未満で就... 詳細表示

    • No:1305
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2017/05/11 11:00
  • 名の変更

    正当な事由によって、戸籍の名を変更するには、家庭裁判所の許可が必要です。 正当な事由とは、名の変更をしないとその人の社会生活において支障を来す場合をいい、単なる個人的趣味、感情、信仰上の希望等のみでは足りないとされています。 戸籍に記載された名を変更するには、家庭裁判所の許可を得た後に、市区町村役... 詳細表示

    • No:2217
    • 公開日時:2018/09/25 08:40
  • 国税に関する相談

    国税全般に関するお問い合わせ先 自動音声によりご案内していますので、所轄(又は最寄り)の税務署に電話をかけて、相談内容に応じて該当の番号を選択してください 〒790-0808 松山税務署 松山市若草町4番地3 松山若草合同庁舎 電話:089-941-9121(自動音声でご案内します。) ... 詳細表示

    • No:2052
    • 公開日時:2018/09/28 16:34
    • 更新日時:2018/12/19 09:04
  • 母子家庭自立支援教育訓練費の支給について教えてください

    内容 母子家庭の母が、雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座を受講した場合、その受講料の一部を負担する制度です。対象者 市内にお住いの母子家庭の母で、児童扶養手当を受給している方又は同等の所得水準で雇用保険法による教育訓練給付の受給資格の無い方、適職につくために教育訓練を受けることが必要と認められる方が対象... 詳細表示

    • No:1276
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 年の途中で婚姻・離婚しましたが、市県民税について手続は必要ですか

    市県民税は前年の所得に対して課税されます。年の途中で婚姻や離婚をした場合は、前年中の所得や控除については影響がありませんので手続は不要です。 詳細表示

    • No:1715
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2010/11/22 18:00

9件中 1 - 9 件を表示