• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 手続き・申請 』 内のFAQ

411件中 71 - 80 件を表示

8 / 42ページ
  • 現在、国民年金の第1号被保険者です。今度、他市から引越しをします。どんな手...

    住民票の転入の届出と同時に年金の転入の届出をしてください。市民課、支所または国保・年金課 年金担当で手続きできます。 持参するもの 年金手帳・印鑑・個人番号(マイナンバー)が確認できる書類・本人確認ができるもの 詳細表示

    • No:711
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2018/03/27 13:42
    • カテゴリー: 国民年金  ,  引越し
  • 年金を受けている家族が亡くなりました。何か手続きは必要ですか。

    受けている年金の種類によって、手続きの方法が違いますので、下記へお問い合わせください。国民年金のみを受給している場合国保・年金課 年金担当または年金事務所へお問い合わせください。厚生年金を受給している場合年金事務所へお問い合わせください。共済年金を受給している場合所属の共済組合へお問い合わせください。厚生年金と共... 詳細表示

  • 交通事故で診療を受けたとき、国民健康保険は使えますか

    松山市の国保加入者が、交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)から傷害を受けて医療機関にかかったときは、国保を使って治療を受けることができますが、松山市に届出が必要です。本来、治療費は加害者が支払うものですが、国保を使って治療を受けた場合、国保が一部負担金を除く医療費を一時立て替え、後から松山市が求償を委託した愛... 詳細表示

  • 税金(市税)の口座振替をA銀行からB銀行に変更したい

    1、B銀行の窓口で申請用紙に記入   ・必要書類…預金通帳、届出印鑑、納税通知書2、納税課より本人宛ハガキ送付       ↓  必要事項記入後納税課へお送りください       ↓  納税課よりB銀行に口座振替番号等確認 詳細表示

    • No:483
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2009/02/04 11:00
    • カテゴリー: 税金
  • 住所変更(市内間転居・転入・転出)したときの、軽自動車等の手続きは?

    ○市内間の転居の場合は原付バイク(125cc以下)は、住所変更の手続きは必要ありません。ただ、松山市に住民票がない場合は、市民税課諸税担当に直接お問い合わせください。125ccを超える二輪車は、運輸支局にお問い合わせください。軽四輪は、軽自動車検査協会にお問い合わせください。○転入の場合は原付バイク(125cc以... 詳細表示

    • No:325
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/03/28 13:00
    • カテゴリー: 税金  ,  引越し
  • 本人通知制度の登録後、住所や戸籍に変更があった時はどうすればよいですか?

    次の場合は、変更届の提出が必要です。(提出先は、市民課のみです。)〇市外に住民票がある人(登録している人全員)・市外間で住所を異動した場合(例:伊予市から西予市へ引越し)・市外から松山市に住所を異動した場合・氏名が変わった場合〇市外に現在の戸籍がある人(戸籍を登録している人のみ)・市外から松山市に戸籍を異動した場... 詳細表示

    • No:40
    • 公開日時:2015/09/24 00:00
    • 更新日時:2017/06/15 10:00
    • カテゴリー: 戸籍と住所  ,  引越し
  • 休日でも税金を納めることはできますか

    松山市税のうち、市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税は、全国のコンビニエンスストア等(営業時間内)や市民サービスセンターで納付することができます。 ただし、コンビニエンスストア等では、納付期限内の「納付書」・「督促状」・「口座振替不能通知書」に限り納付できます(ゆうちょ銀行または、郵便局用の納付書は... 詳細表示

    • No:1767
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2018/03/02 13:56
    • カテゴリー: 税金
  • 市県民税(特別徴収分)の納入期限はいつまでですか

     各月分の納入期限はその翌月の10日までです。例えば6月分であれば7月10日が納入期限です。10日が金融機関等の休業日であれば、その翌日が期限になります。 詳細表示

    • No:1765
    • 公開日時:2013/03/15 00:00
    • 更新日時:2013/03/15 17:00
    • カテゴリー: 税金
  • 医療費を多く支払った場合、税金が戻ってきますか

    税金を計算する際に所得から引くことができるものを所得控除といいますが、その中に「医療費控除」があります。給与所得者で年末調整をされた人の場合、税務署で「還付申告」をして医療費控除を受けると税金が還付されることがあります。年金所得者や事業所得者についても確定申告の際に医療費を申告すれば、納付する税額が低くなったり、... 詳細表示

  • 保険金を受け取ったのですが税金はどうなりますか

     保険金の取り扱いは、満期、解約、死亡等の理由や、保険契約者(保険料の負担者)、保険金受取人、被保険者が誰かによって、税金の種類と納税義務を負う対象者が変わってきます。 一般的に、保険契約者と保険金受取人が同一人物の場合には、その人が所得税と市・県民税の課税の対象者になりますが、それ以外の場合には贈与税や相続税の... 詳細表示

    • No:1707
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
    • カテゴリー: 税金  ,  死亡・葬祭

411件中 71 - 80 件を表示