• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 福祉 』 内のFAQ

99件中 61 - 70 件を表示

7 / 10ページ
  • 社会福祉協議会について教えてください

    社会福祉協議会(通称 社協)は、全国、都道府県、指定都市及び市区町村に組織され、地域住民、社会福祉関係者等の参加・協力を得て活動することを大きな特徴としています。また、社会福祉法に指定された社協は、地域が抱えている種々の福祉問題を地域全体の問題としてとらえ、地域住民とともに考え、解決しようとする公共性・公益性の高... 詳細表示

    • No:1370
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2018/01/18 14:00
    • カテゴリー: 社会福祉
  • 近所に全く身寄りのないお年寄りがいますが、なくなった場合どうすればいいですか

     市内各地区には日常の生活でのさまざまな心配ごとの相談にのってくれる民生委員がいますのでご相談ください。 担当の民生委員がわからない場合は、生活福祉総務課にお問い合わせください。 詳細表示

  • 子どもが生まれたので、乳幼児医療費助成の手続きについて教えてください

    ○対象者 松山市に住民登録のある、0~6歳就学前(6歳に達した日以後における最初の3月末日)までの子どもの入院及び通院にかかる保険診療の自己負担分を助成します。○対象範囲 保険診療による入院及び通院について、医療費の自己負担分を助成します。 ※入院時の食事代や、保険適用外(予防接種や文書代、入院時の差額ベッド代な... 詳細表示

  • ひとり親家庭医療費受給者証の再交付手続きを教えてください

    受給者証を紛失したり、破損・汚損したときは、再交付の手続きをしてください。○必要なもの ・健康保険証 ・認印(スタンプ印を除く) ・窓口に来られる方のご本人確認できるもの ・(破損・汚損の場合)現在お持ちの受給者証○手続きの場所  別館2階 子育て支援課 ※加入保険が国保以外の方(これから国保に加入される方を除く... 詳細表示

  • みらいクラブに入会するにはどうすればいいですか

     現在市内に13か所あります。入会を希望するみらいクラブに直接申込んでください。児童を持つ保護者、子どもの健全育成のために活動している地域の人たち、どなたでも入会できます。各みらいクラブへの連絡先は子育て支援課へお問い合わせください。 1  新玉みらいクラブ2  小野みらいクラブ3  久谷みらいクラブ... 詳細表示

    • No:1295
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2017/05/11 13:00
    • カテゴリー: 児童福祉  ,  子育て
  • どのような場合に児童扶養手当を受給できるのですか

    受給要件1.手当を受けることができる人【受給者が母の場合】  対象児童を監護している人【受給者が父の場合】  対象児童を監護しかつ生計を同じくしている人【受給者が養育者(母以外の者)の場合】 【受給者が母の場合】の要件に加えて児童と同居しその生計を維持している人対象児童1.手当の対象となる児童(1)18歳に達する... 詳細表示

  • 児童扶養手当はいくらもらえるのですか

    Ⅰ.手当額 児童扶養手当は物価の上下に合わせて支給額が変動します(物価スライド制) 1.手当の月額(平成29年度) 【対象児童が1人の場合】 (1)全部支給  42,290円 (2)一部支給  42,280円~9,980円【対象児童が2人の場合】 (1)全部支給  9,990円 (2)一部支給  9,980円~5... 詳細表示

  • 病気の子どもを預かってほしい

     保育所等や幼稚園、小学校に通っている児童が、病気の回復期又は回復期に至らない場合であって集団生活が困難な時期に、一時的(連続して7日間を限度)にお預りする事業として「病児・病後児保育」があり、市内4箇所の小児科で実施しています。○病児・病後児保育を利用できる児童は? 松山市内に住所を有する児童であって、保育所等... 詳細表示

  • 児童やDV、母子等に関する相談はどうすればいいですか

    ■相談の種類 〇家庭児童相談  児童の養育・教育・人間関係に関する相談や父子家庭に関する相談 〇婦人相談  DVなど保護を要する女子に対し必要な助言・指導を行う。 〇母子相談  母子家庭・寡婦の自立に必要な身上相談や指導・助言を行う。■利用時間 月曜日~金曜日(祝祭日及び市役所の閉庁日を除く) 午前8:30~午後... 詳細表示

    • No:1280
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2014/05/14 09:00
    • カテゴリー: 児童福祉  ,  子育て
  • 母子家庭高等技能訓練促進費の支給について教えてください

    内容母子家庭の母・父子家庭の父が就業に結びつきやすい資格を取得するための訓練受講中の生活の安定を図るため、1年以上養成機関で修業する場合に「高等技能訓練促進費」を支給します。支給対象者母子家庭の母のうち、児童扶養手当の支給水準世帯であること、養成機関において1年以上の課程を修業し、対象となる資格の取得が見込まれる... 詳細表示

99件中 61 - 70 件を表示