• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 105
  • 公開日時 : 2013/04/25 00:00
  • 更新日時 : 2018/01/18 16:00
  • 印刷

たまに、飛行機が北条の山側を通って、重信川に沿って降下し、着陸しているがどうしてですか。

たまに、飛行機が北条の山側を通って、重信川に沿って降下し、着陸しているがどうしてですか。
カテゴリー : 

回答

 松山空港では、民家への騒音の影響を考慮して、優先滑走路方式を採用し、原則海側からの離発着を行っておりますが、気象条件によっては、海側からの着陸ができないことがありました。
 そこで、山側から進入を行い、機器誘導によって着陸する方法を、平成25年4月4日から実施しています。
 この着陸ルートは、浅海本谷から、石手川ダム、平井の上空を飛行し、重信川に沿って空港へ向かって降下しながら右旋回し、着陸します。
 頻繁に飛行するわけではありませんが、航空機の安全性、効率性、就航率の向上のためですので、ご理解をお願いします。
 なお、このことに関するお問い合わせは、国土交通省大阪航空局松山空港事務所(TEL089-972-0319、FAX089-973-1056)までお願いします。
担当部局・担当課 : 
都市整備部 > 空港港湾課
担当部局・担当課 連絡先 : 
089-948-6318 089-972-0319
参考URL : 
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kurashi/seikatsu/sonota/sinntyakuriku.html

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます