• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 消費生活 』 内のFAQ

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • 不動産の取引や賃貸住宅の相談窓口

    不動産の売買・賃貸借契約(家賃・敷金・礼金)のことでお困りのときは、「愛媛県宅地建物取引業協会」にお問い合わせください。 お問い合わせ先 公益社団法人 愛媛県宅地建物取引業協会 〒790-0807 松山市平和通6丁目5番地1 愛媛不動産会館2F 電話 089-943-2184・08... 詳細表示

    • No:2047
    • 公開日時:2018/09/28 16:25
    • 更新日時:2018/12/19 09:09
  • 消費者教室の申込みはどのようにすればいいですか

    消費生活に係る問題について学習を希望するグループに講師を派遣しています。期間随時対象町内会、老人会、PTA、婦人会など20名程度以上のグループであれば、どなたでも構いません。料金会場の確保及び実習の場合の材料費は申込者が負担してください。 講師謝礼等は不要です。内容「悪質商法に遭わないために」というテーマで悪質商... 詳細表示

    • No:1552
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/01 12:00
  • 消費者団体はどのような活動をしていますか。

    (概要)消費生活全般(ごみ問題、食の安全、悪質商法にあわないための意識啓発等)に関する学習や調査・研究を行い、自らの意識を高め、地域のリーダーとして活動しています。 ※詳細は市民相談課消費生活センターまでお問い合わせください。 詳細表示

    • No:1551
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/01 12:00
  • 身に覚えのない「総合消費料金未納分」などと書かれた内容のハガキ(はがき)が...

     ここ数年、身に覚えのない料金を請求してくる架空請求(不当請求)のハガキが郵送される事例が増えています。また、ハガキだけではなく、携帯電話のメールでの請求も増えていますので、慌てることなく、冷静に判断してください。 いずれの場合も、その目的は「具体的な内容は分からない、曖昧なものにしておいて、消費者を不安に陥れ、... 詳細表示

    • No:452
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/01 12:00
  • 消費生活に関する相談窓口について、場所や相談時間などについて教えてください

     消費生活相談は、突然やって来たセールスマンの巧みな口車に乗せられて、つい契約してしまったけど、「やっぱり要らなかった。解約はできるのだろうか」と後悔したことはありませんか。そのような契約等のトラブルについて相談に応じるところです。 【市の相談窓口】 ●市民相談課 消費生活センター(本館1階市民相談課内)  TE... 詳細表示

    • No:1534
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/01 12:00
  • 訪問販売や電話勧誘で契約したが、解約の方法を教えてほしい。

    ●クーリング・オフ制度があります。 クーリング・オフ制度とは、ある期間内であれば、無条件で解約できる制度のことです。  訪問販売、電話勧誘、道で声をかけられて契約してしまった場合など、契約日(書面を受け取った日)を含めて8日以内(マルチ商法などは20日以内)に通知をすれば、一方的に契約を取りやめることができます。... 詳細表示

    • No:1533
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/01 12:00
  • ファイナンシャルプランナー(FP)相談について教えてください

    多重債務相談や生活再建に向けた家計管理についての相談に専門のファイナンシャルプランナーが面談でお受けします。ファイナンシャルプランナーは金融、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識を身に付けた生活設計アドバイザーです。相談の際には、契約書などの相談に関係する書類をご準備ください。相談日時:毎週火曜日 午... 詳細表示

    • No:224
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/10/04 08:00

7件中 1 - 7 件を表示