• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 下水道 』 内のFAQ

46件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • 下水が詰まったが、どうすればいいですか

    下水が詰まった場所によって対応方法が異なります。 宅地内の配管(排水設備)で詰まりが起こった場合、宅地内の排水設備は個人の財産ですので、ご自身で管理していただいています。宅地内の排水設備が詰まった場合は、ご自身で清掃するか専門業者(排水管詰まり清掃業)にご依頼ください。 宅地外の下水道管から詰まっている場合や... 詳細表示

    • No:684
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/30 14:51
  • 下水道に流してはいけないものは何ですか

    ○てんぷら油の残りや野菜くずなどは下水道に流さないでください。 ○水洗便所でトイレットペーパー以外の紙や異物(たばこ、ガムなど)を流さないようにしましょう。 ○下水道にはガソリン、シンナー、アルコールなどの危険物は、絶対流さないでください。 ○単体型ディスポーザー(食品くず処理機)で破砕された生ゴミは、下水... 詳細表示

    • No:685
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/17 15:06
  • 下水が通っているかどうか知りたい。下水道台帳を閲覧したい。

    下水が通っているかどうかの確認については、【給排水設備課】では、公共下水道台帳写しの交付を行っており、この台帳写しをご覧いただくことで、ご指定の箇所の近辺の下水の敷設状況を確認することができます。 又、【下水道管理課】では、下水道台帳の閲覧を行っています。 ◯下水道台帳について 下水道台... 詳細表示

    • No:678
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/30 14:46
  • 分流式と合流式の処理方式の違いについて教えてください

    分流式の下水道は、汚水と雨水を別々の管で流します。家庭や工場から出る汚水は、汚水管により下水浄化センターに運ばれて、微生物の働きを利用してきれいな水に処理された後、川や海へ放流されています。雨水管に入った雨水は川や海に直接放流されています。 合流式の下水道は、汚水と雨水を同じ管で流します。雨の日は大量の水が... 詳細表示

    • No:825
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2023/03/31 20:17
  • 下水道使用料について知りたい(井戸水(専用水道を含む)使用、井戸水と水道水...

    公共下水道に接続されたすべての方に下水道使用料を納めていただいています。 井戸水(専用水道を含む)使用の場合の下水道使用料は、使用人数や量水器による計測などの方法により汚水排出量を認定し、それを上水道使用の従量使用料区分表に当てはめて計算します。 ≪井戸水使用の方≫ ※1か月につき 基本使用料 + 従量... 詳細表示

    • No:1073
    • 公開日時:2014/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/05/15 14:40
  • ディスポーザ(食品くず処理機)を使用したいのですが

    台所の生ゴミを破砕して、水と一緒に公共下水道へ流すディスポーザを単体で使用することは禁止しています。 【主な理由】 ・破砕物の堆積による下水道管の詰まりや腐敗による悪臭の原因になる恐れがある ・下水処理場の負荷が大きくなり処理機能を低下させる 詳しくは、【給排水設備課 排水設備担当】までお... 詳細表示

    • No:1070
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/17 15:21
  • 下水道施設とは、どのようなものですか?

     下水道施設は、下水管、ポンプ場、処理場からできています。生活排水などの汚水は、個人の敷地に設けられた排水設備から汚水ますに流れ、汚水管を通じて処理場で処理され、きれいな水になった後、川や海に放流されます。また、雨水は、そのまま水路や雨水管を通して排除され、川や海に放流されます。 詳細表示

    • No:827
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2023/03/31 20:20
  • 松山市の下水道普及率は?

     令和4年度末の下水道普及率は65.8%です。 詳細表示

    • No:839
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2023/11/20 15:58
  • 排水設備工事の範囲はどこまで行なえばよいのですか

    道路へ敷設する下水道管(本管)と道路から私有地1m以内へ設置する公共ます(汚水ます・雨水ます)までの工事を松山市が行ないますので、敷地内の汚水管・雨水管をそれぞれの公共ますまで接続させる工事を私費で行なうことになります。 ただし、合流地域における汚水と雨水を同じ管で流す合流式の場合は、公共ますに代わる私設ま... 詳細表示

    • No:686
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/03 08:59
  • 私道へ公共下水道を敷設したい

     私道に公共下水道を敷設する場合は、原則として使用されるみなさんの費用で敷設していただかなくてはなりませんが、一定の要件を満たす場合は、申請により企業局が私道に公共下水道を敷設することができます。  (1) 両端又は一端が下水道の敷設されている公道に通じていること  (2) 幅員が1.5メートル以上であって、... 詳細表示

    • No:1069
    • 公開日時:2011/03/01 00:00
    • 更新日時:2024/04/05 10:03

46件中 1 - 10 件を表示