• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 災害予防 』 内のFAQ

39件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 近くでサイレンがなりました。今、どこで火事が起こっているか教えて下さい。

    火災などのご案内は消防局設置のテレホンガイド(電話案内)で行っておりますのでご利用下さい。電話番号は089-925-6622でございます。 詳細表示

    • No:820
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 防火管理者資格講習の日程について教えてください。

     消防法では、多数の人を収容する防火対象物には、政令で定める資格を有する防火管理者を置くことが義務付けられています。 この講習は、その資格を取得するためのもので、(一財)日本防火・防災協会が主催して行っております。 日程、受講申込み手続き等の詳細は、(一財)愛媛県消防設備協会、または【消防局予防課】【各消防署】に... 詳細表示

    • No:714
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/12/22 11:00
  • モバイル松山消防の内容や登録の仕方を教えて下さい。

     モバイル松山消防とは、火災や自然災害の発生情報や、気象情報、避難情報などを、登録いただいた方の携帯電話やパソコンに電子メールで情報を配信するサービスのことです。一般市民の方の登録方法 1 登録用アドレスに空メールを送信して下さい。メールアドレスは mty@mpx.wagmap.jp です。 2 すぐに返信メール... 詳細表示

    • No:398
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 住宅用火災警報器について教えてください

    ■ 住宅用火災警報器の設置義務化について ○ 全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられました。Q なぜ設置しなければならないのですか?A 住宅火災による死者は増加の傾向にあり、全ての火災による死者の中でも大きな割合を占めています。私たちの生活に最も身近な場所「住宅」における安全と安心を確保するために設置が義務付... 詳細表示

    • No:969
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/12 08:00
  • 防災情報システムについて教えてください

     松山市の災害対応を支援するため、平成17年4月に導入したシステムです。 災害時における、市内の被害情報や避難者情報などをシステム内で一元的に管理し、職員間で情報を共有できることから、災害対応をより迅速かつ適時に行うことができるようになりました。主に、松山市災害(警戒)対策本部が設置されたときに使用します。 松山... 詳細表示

    • No:773
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2015/04/23 10:00
  • 洪水ハザードマップについて教えてください

     市内全戸に配布している「改訂版まつやま防災マップ」90~93ページに150年に1回程度起こる大雨が降った場合を想定した重信川・石手川が氾濫したときの浸水想定図を掲載しています。【注意】 平成29年1月に想定しうる最大規模の降雨を想定した浸水想定区域図が公表されましたので、重信川・石手川の最新の洪水ハザードマップ... 詳細表示

    • No:765
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2018/01/19 16:00
  • 地震体験車について

     松山市では、昭和55年に配備させた初代起震車の老朽化に伴い、平成15年12月に「地震体験車かば号」(愛称)を導入しました。 この地震体験車は、現実の地震に近い揺れを体験できるとともに、阪神淡路大震災や芸予地震など実際に起きた大地震を再現できる機能を有しています。 地震体験車の使用については、松山市内で開催される... 詳細表示

    • No:134
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2015/04/23 09:00
  • 甲種防火管理再講習の日程について教えてください。

     消防法令では、不特定多数の人が出入りする劇場・飲食店・物販店舗・ホテル・病院等で、収容人員が300人以上の建物における防火管理者は、一定の期間(5年以内)ごとに甲種防火管理「再講習」を受講することを義務付けています。(現在、防火管理者として選任されていない場合や学歴・職歴等(防火管理講習以外)により甲種防火管理... 詳細表示

    • No:719
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/04/12 08:00
  • 消防設備士講習について教えてください

    消防設備士は、消防用設備等の工事または整備に関する新しい知識、技能の習得のため、免状交付後2年以内にその後は5年毎に講習を受けなければなりません。 時期については、毎年9月頃ですが、講習の詳細は【財団法人 愛媛県消防設備保守協会】にお問い合わせください。 詳細表示

    • No:973
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/06/26 11:00
  • 焚き火をする時にはどのようにしたらよいのでしょうか

    事前手続き 焚き火をする前に最寄の消防署へ電話又は口頭にて(実施場所・実施時間・燃やすもの・行為者の氏名・連絡先)連絡を入れてください。 1.可燃物などの近くで焚き火をしない。 2.消火準備をする。 3.終わったら完全に消えているか確認する。 4.煙などで近所に迷惑のかからないようにする。*中央消防署(本町6丁目... 詳細表示

    • No:949
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/07 13:00

39件中 1 - 10 件を表示