• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 公共施設ガイド 』 内のFAQ

79件中 51 - 60 件を表示

6 / 8ページ
  • 松山城について教えてください。

    ○施設の概要  松山城は、市の中心の海抜132mの勝山山頂に本丸を、中腹に二の丸、西山麓に三の丸を置く平山城で、別名、金亀城・勝山城とも呼ばれています。1602年、賤ヶ岳(しずがたけ)7本槍で名高い加藤嘉明が本丸の築城を開始、次の蒲生忠知の代に二之丸、久松松平氏の代になって三之丸(堀之内)が完成したとされます。... 詳細表示

    • No:1042
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2019/12/09 17:13
  • 松山城二之丸史跡庭園について教えてください。

    ○施設の概要 二代目藩主蒲生忠知の時代(1627~1634年)に完成したとされる二之丸藩主邸跡で、平成4年5月に、史跡庭園として整備されました。表御殿跡は「柑橘(かんきつ)・草花園」、奥御殿跡は「流水園」として邸内の部屋の間取りを表現し、発掘された大井戸遺構は、往時のまま露出展示しています。その他、茶会や句会など... 詳細表示

    • No:1041
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2016/08/17 15:00
  • 中島総合文化センターを利用したいのですが

    利用時間午前9時~午後10時(ただし、展示室又は当日すべての施設の使用予定がない場合は、平日は~午後6時、土・日曜日及び祝日は~午後5時)料金使用時間及び部屋の広さ等により異なりますので、中島総合文化センターへお問い合わせください。休館日月曜日・祝日の翌日・12月29日から翌年1月3日まで交通機関三津浜港から中島... 詳細表示

    • No:1028
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2018/01/16 16:00
  • 庚申庵史跡庭園について知りたい

    利用時間10時~18時までです。※11月~2月は10時~17時まで料金入園は無料です。※庵使用の場合は有料です。一時間当たり510円となります。庵は句会や茶会等にご利用いただけます。お申込は下記まで。休園水曜日(水曜日が祭日の場合は翌日)が休園です。また、12月28日~翌年1月4日までも休園となります。交通機関J... 詳細表示

    • No:1011
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2018/01/16 16:00
  • 水道資料館

    場所 松山市溝辺町65番地市之井手浄水場内利用時間 午前8時30分から午後5時料金 無料休館・休園 土・日曜日、祝日 年末年始(12月28日~1月4日)問い合わせ先・申込先 公営企業局浄水管理センター 交通機関 JR松山駅前や伊予鉄松山市駅前などから伊予鉄バス「奥道後方面行き」乗車、溝辺バス停で下車 徒歩2分施... 詳細表示

    • No:914
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2013/03/21 17:00
  • 子規記念博物館

    利用時間 11月1日~ 4月30日 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)  5月1日~10月31日 午前9時~午後6時(入館は午後5時30分まで) ※観覧所要時間・・・30~60分程度料金 常設展観覧料 個人400円、団体320円(20人以上) ※児童生徒(小中高校生)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳... 詳細表示

    • No:889
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2016/02/29 08:00
  • ごみ処理施設について教えてください。

     本市のごみ処理施設は焼却施設(南クリーンセンター・西クリ-ンセンター)2箇所、埋立施設(横谷埋立センター・横谷廃棄物センター・大西谷埋立センター)3箇所、リサイクル施設(中島リサイクルセンター)1箇所があります。○南クリーンセンター所在地 松山市市坪西町1000番地1電 話 089-971-8862受付時間 月... 詳細表示

    • No:803
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2018/01/17 16:00
  • 刻太鼓について教えてください。

     本館の屋上にある振鷺閣では、午前6時に6回、正午に12回、午後6時に6回太鼓が打ち鳴らされます。この刻太鼓(ときだいこ)は、本館が出来たときから続いており、平成8年7月1日に環境庁(現在の環境省)の「残したい日本の音風景100選」に選ばれております。 詳細表示

    • No:793
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 玉の石について教えてください。

     大国主命(おおくにぬしのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が、伊予の国を旅したときに、急病に苦しむ少彦名命を入浴させると、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたそうです。これを玉の石神話といい、この伝説の玉の石は本館の北東の一角に大切に保存されております。 詳細表示

    • No:791
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00
  • 白鷺の伝説について教えてください。

     すねに傷を負って苦しんでいた一羽の白鷺が、岩間から噴出する温泉を見つけ足を浸したところ、傷は完全に癒え、元気に飛び去ったと言われています。これを白鷺伝説といい、この伝承に由来する白鷺の足跡が残った鷺石が、現在、放生園に保存されております。 詳細表示

    • No:790
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/01 13:00

79件中 51 - 60 件を表示