• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 事故・災害・病気 』 内のFAQ

110件中 91 - 100 件を表示

10 / 11ページ
  • 何歳までなら消防団に入団できますか。

     本市消防団は、18歳以上であれば男女を問わず入団可能ですが、定年制を設けており、島嶼部等の一部地域を除き、60歳を定年としています。 消防活動は、災害時の活動が主であることから、知識・技術・体力はもとより、災害経験が重要な要素となっていること、また、できる限り長期間在団していただくことを期待しまして、55歳くら... 詳細表示

    • No:742
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2015/04/27 09:00
  • 災害や病気等の理由で一時的に納めることができないのですが

     災害を受けたり、病気にかかったりして市税を一時的に納められないときは、分割して納める方法などがありますので、早めに【納税課 徴収担当】まで連絡または相談してください。 詳細表示

    • No:462
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2009/02/04 11:00
  • 浸水想定区域内の地下街等の避難確保計画について教えてください

    【浸水想定区域の地下街等の避難確保計画とは】 近年、都市部の河川流域において、台風や集中豪雨等により地下街等の浸水被害が頻発しています。 地階等では、地表に比べ気象状況等の把握が困難であり、浸水時には、短時間で人命に関わる深刻な被害につながる可能性が高いなどの特性があります。 平成17年5月に水防法が改正され、松... 詳細表示

    • No:239
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2018/01/19 16:00
  • 国民健康保険制度について教えてください。

     わたしたちは、だれでもいつも元気で暮らしていたいものです。しかし、いつ病気をしたりケガをするかわかりません。そんな時、安心して治療が受けられるように、何らかの医療保険に加入していなければなりません。国民健康保険は、もしもの時のために、加入者みんながお金を出し合って助け合う制度です。 国民健康保険は、職場の健康保... 詳細表示

    • No:236
    • 公開日時:2009/03/03 00:00
    • 更新日時:2017/04/18 14:00
  • 高額療養費の貸付制度について教えてください

    (制度の内容) 松山市国保加入者が入院などにより医療機関窓口で高額な一部負担金を支払ったが、高額療養費を支給(早くて受診月から3カ月後の月末)できるまでの間、生活に支障がある場合に、高額療養費支給予定額の10分の9以内を貸し付ける制度です。 (対象者) 松山市の国保加入者で、高額療養費の支給の対象となる... 詳細表示

    • No:1416
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2018/04/17 16:59
  • 重度心身障害者医療受給者の方の医療費の払い戻しについて教えてください

    次の1~5ような場合には、いったん病院等で医療費を支払い、その後松山市に申請することで、後日口座へ払い戻しされます。一部負担1.愛媛県外の病院等で受診して一部負担金を支払ったとき2.重度心身障害者医療受給者証を忘れて一部負担金を支払ったとき全額負担3.健康保険証と重度心身障害者医療受給者証を忘れて10割支払った時... 詳細表示

    • No:1328
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2013/01/15 10:00
  • 危険物安全週間について教えてください

    目的危険物の保安に対する意識の高揚及び啓発を推進することにより、各事業所における自主保安体制の確立を図るため、「危険物安全週間」を設けるものです。 期間毎年6月の第2週(第2週の日曜日から土曜日までの1週間)です。 主催消防庁、県、市、全国消防長会、(財)全国危険物安全協会 協賛危険物関係... 詳細表示

    • No:976
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2012/06/21 09:00
  • 消防用設備等の点検は資格者でなければ行えないのでしょうか

    法律で定める一定規模以上の建物に設置する消防用設備等の点検は、資格者でなければ行うことができません。これ以外のものは資格を必要としませんが、専門的な知識と点検用の機材が必要です。 詳細表示

    • No:975
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/03/07 13:00
  • 消防設備士講習について教えてください

    消防設備士は、消防用設備等の工事または整備に関する新しい知識、技能の習得のため、免状交付後2年以内にその後は5年毎に講習を受けなければなりません。 時期については、毎年9月頃ですが、講習の詳細は【財団法人 愛媛県消防設備保守協会】にお問い合わせください。 詳細表示

    • No:973
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/06/26 11:00
  • 火を使用する設備や器具等の設置、取扱いの問い合わせ先について教えてください

    お問い合わせ先は、【消防局予防課】または、【各消防署予防担当】です。◆消防署*中央消防署 松山市本町6丁目6-1 電話926-9216(予防担当)*東消防署 松山市道後湯之町18-4 電話933-0876(予防担当)*南消防署 松山市北土居3丁目3-26 電話957-8615(予防担当)*西消防署 松山市三津3丁... 詳細表示

    • No:971
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2012/06/21 09:00

110件中 91 - 100 件を表示