• No : 752
  • 公開日時 : 2012/03/01 00:00
  • 更新日時 : 2018/09/28 16:52
  • 印刷

戸籍証明を発行してほしいのですが(戸籍謄本・戸籍抄本・除籍謄本・改製原戸籍など)

戸籍証明を発行してほしいのですが(戸籍謄本・戸籍抄本・除籍謄本・改製原戸籍など)
カテゴリー : 

回答

1.証明が必要な方の本籍地が松山市にある(あった)場合、請求することができます。本籍地が松山市以外の人は、本籍地のある市区町村に請求してください。
平成30年10月1日からコンビニ交付をスタートします。ぜひ、ご利用ください。

2.本籍地(番地・番まで必要)と筆頭者氏名を確認してきてください。

3.戸籍謄本(戸籍全部事項証明)、戸籍抄本(戸籍個人事項証明)の手数料は一通450円です。
  除籍謄本(除籍全部事項証明)、除籍抄本(除籍個人事項証明)、改製原戸籍の手数料は一通750円です。

4.窓口に来られる方はご自身の運転免許証・健康保険証などの本人確認書類をお持ちください。
※本人確認書類については、『本人確認書類とは、どのような書類なのでしょうか』を参照してください。

5.必要な戸籍(除籍)に記載されている本人及びその方の配偶者、直系血族(祖父母・父母・子・孫など)以外の方(例えば、結婚して別戸籍になった兄弟姉妹・叔父・叔母・元妻・友人など)が代理人として来られるときは、委任状が必要です。
注:配偶者、直系血族の関係であることが松山市の戸籍などで確認できない場合は、委任状の添付またはその関係を証明できる戸籍謄本などの提示が必要です。
注:委任状が省略できるかどうかの判断については、市民課までお問い合わせください。
※委任状については、『住民票関係・戸籍関係の請求時に必要な委任状には、どのような内容が必要ですか』を参照してください。

6.請求者が必要な戸籍に記載されている本人及びその方の配偶者、直系血族以外の方の場合には、請求理由を明らかにしていただき、利害関係のわかる資料(疎明資料)などが必要な場合がありますので、詳しくは市民課までお問い合わせください。
※疎明資料などについては、『委任状が取れない第三者請求の場合、どのような資料が必要ですか』を参照してください。
注:不当な目的に使用される恐れがある場合には、発行をお断りさせていただきますので、ご了承ください。

7.除籍されて保存年限(約80年)を経過していることにより廃棄している戸籍や、戦災などにより焼失している戸籍は交付できませんので、ご了承ください。

8.市民課、支所、出口出張所、北条支所出張所(浅海・立岩・河野・粟井)、市民サービスセンター(松山三越、フジグラン松山、いよてつ高島屋)で申請してください。
注:北条支所出張所では即日交付はできません。

9.郵便請求については、『市外に住んでいるのですが、松山にある「戸籍・身分証明」を請求するにはどうすればよいですか』を参照してください。

※詳しくは、市民課までお問い合わせください。
担当部局・担当課 : 
市民部 > 市民課
担当部局・担当課 連絡先 : 
089-948-6342
参考URL : 
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/tetsuzuki/juminhyo/kosekishoumei.html