• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 教育・文化・スポーツ 』 内のFAQ

62件中 11 - 20 件を表示

2 / 7ページ
  • 文化行事への松山市の名義後援の申請方法について教えてください

     申請書類一式は、文化・ことば課のホームページからダウンロード可能です。申請書と収支予算書に主催団体の会則や開催要項等の行事内容がわかるものを添えて、文化・ことば課まで提出してください。受理後、審査により適否を判断し、2週間を目途に決定通知書を送付します。 詳細表示

    • No:1624
    • 公開日時:2006/01/20 00:00
    • 更新日時:2019/01/29 11:21
    • カテゴリー: 文化
  • 北条ふるさと館について教えてください。

    ○住所:松山市河野別府995(JR利用:松山~柳原 20分 柳原~北条ふるさと館 徒歩20分,伊予鉄バス利用:西の下下車 徒歩15分) ○利用時間:午前9時~午後10時(歴史民俗資料展示室、美術品等展示室は午後5時まで) ○休館日:毎週月曜日(祝日及び振替休日を除く)、祝日及び振替休日の翌日(日曜日を... 詳細表示

    • No:1012
    • 公開日時:2008/04/01 00:00
    • 更新日時:2019/01/29 11:17
    • カテゴリー: 文化
  • 正岡子規のお墓は、どこにありますか

     大龍寺(だいりゅうじ、住所:東京都北区田端4-18-4)にあります。 松山市末広町にある子規堂(正宗寺)には、子規の遺髪を祀っている「埋髪塔」があります。 詳細表示

    • No:874
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2012/07/05 10:00
    • カテゴリー: 文化
  • 俳句や短歌を始めてみたいのですが、初心者向けの教室・講座などはありますか

    現在、子規記念博物館では、子規博セミナー・子規博俳句教室・子規博短歌教室・初学万葉講座・子規博読書会の5講座を前期・後期に分けて開講いたしております。講座名 子規博俳句教室(初心者対象)日 時 第2土曜日 14:00~16:00定 員 30人講 師 松山俳句協会役員講座名 子規博短歌教室(初心者対象)日 時 第3... 詳細表示

    • No:864
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • 更新日時:2015/04/14 14:00
    • カテゴリー: 文化
  • 移動図書館を利用するには?

    移動図書館は「つばき号」4台で巡回しています。 ●「つばき号」は市内約165ヵ所のステーションポイントを2週間に一回、同じ曜日・同じ時間(一部地区を除き30分間・大型商業施設は100分間停車)に巡回し、貸出を行なっています。 ●利用者カードは、中央・三津浜・北条・中島図書館と共通です。また、初めての方には、そ... 詳細表示

    • No:725
    • 公開日時:2007/04/02 00:00
    • カテゴリー: 生涯学習
  • 俳句甲子園について、教えてください

     俳句甲子園は、NPO法人俳句甲子園実行委員会の主催、松山市の共催により、毎年8月に松山市で開催されている高校生による俳句の全国大会です。  全国各地で開催される地方大会と厳正な投句審査によって選出された5人1組のチームが、定められた兼題にそって創作した俳句を出し合い、俳句を作る力と鑑賞する力を競います。勝敗は... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2006/06/19 00:00
    • 更新日時:2019/01/29 11:03
    • カテゴリー: 文化
  • 市の施設(公民館)で調理室が利用できる施設はありますか

    市内の40地区公民館において利用できます。利用時間午前9時~午後10時料金使用時間及び調理室の広さにより異なりますので、各公民館にお問い合わせください。休館日12月29日から翌年1月3日まで申込み公民館使用許可申請書を使用する公民館に提出してください。(受付は、使用する日の属する月の2月前の初日から)問い合わせ先... 詳細表示

    • No:337
    • 公開日時:2006/12/14 00:00
    • 更新日時:2017/04/10 08:00
    • カテゴリー: 生涯学習
  • 秋祭り

     松山の秋祭りは、豊作の喜びを込めて各地域で様々な祭事が行われます。  そして、神輿の運行や各種の行事は、神社や地域の皆様によって自主的に行われており、地域によって祭りの運営主体は異なります。  そのため、秋祭りの運営については、神社の総代さんや町内会の役員さんなどにご相談いただきますようお願いします... 詳細表示

  • 正岡子規は、何をした人ですか

     正岡子規は、慶応3年(1867年)松山藩士の家に生れ、34歳11ヶ月の若さで亡くなった文学者です。俳句に興味を持った子規は俳句革新に乗り出し、物事を見たままありのままに表現しようとする写生の手法を俳句に取り入れました。その後も短歌の革新や、文章にも写生の重要性を説くなど、わかりやすく親しみやすい「新しい文学」の... 詳細表示

  • 正岡子規は、いつどこで生れて、いつどこで亡くなった(何歳で、何の病気で)のですか

     慶応3年(1867年)9月17日(陽暦10月14日)、伊予国温泉郡藤原新町(現、松山市花園町)にて正岡常尚の二男として生れ、明治35年(1902年)9月19日午前1時、肺結核による脊椎カリエスのため東京上根岸82(現、東京都台東区根岸2-5-11)子規庵にて亡くなりました。 34歳11ヶ月の短い生涯でした。 詳細表示

62件中 11 - 20 件を表示