• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 防災・安全 』 内のFAQ

71件中 11 - 20 件を表示

2 / 8ページ
  • 防火管理者資格講習の日程について教えてください。

     消防法では、多数の人を収容する防火対象物には、政令で定める資格を有する防火管理者を置くことが義務付けられています。 この講習は、その資格を取得するためのもので、(一財)日本防火・防災協会が主催して行っております。 日程、受講申込み手続き等の詳細は、(一財)愛媛県消防設備協会、または【消防局予防課】【各消防署】に... 詳細表示

  • 甲種防火管理再講習の日程について教えてください。

     消防法令では、不特定多数の人が出入りする劇場・飲食店・物販店舗・ホテル・病院等で、収容人員が300人以上の建物における防火管理者は、一定の期間(5年以内)ごとに甲種防火管理「再講習」を受講することを義務付けています。(現在、防火管理者として選任されていない場合や学歴・職歴等(防火管理講習以外)により甲種防火管理... 詳細表示

  • 「少年消防クラブ」について知りたい

     「少年消防クラブ」は、消防の仕事や火災予防に興味をもつ小学生児童が、自分から進んで防火・防災について研究し、これを日常生活の中に生かし、災害のない明るい町づくりに協力することを目的として、昭和25年に国の指導のもとに全国的に誕生しました。  松山市でも、昭和52年から多数の少年消防クラブが誕生し、現在では45... 詳細表示

  • モバイル松山消防の内容や登録の仕方を教えて下さい。

     モバイル松山消防とは、火災や自然災害の発生情報や、気象情報、避難情報などを、登録いただいた方の携帯電話やパソコンに電子メールで情報を配信するサービスのことです。一般市民の方の登録方法 1 登録用アドレスに空メールを送信して下さい。メールアドレスは mty@mpx.wagmap.jp です。 2 すぐに返信メール... 詳細表示

  • エコノミークラス症候群

    エコノミークラス症候群とは 食事や水分を十分にとらない状態で、車などの狭い場所に長時間座っていて足を動かさないと、血行不良が起こり血液が固まりやすくなります。その結果、血のかたまり(血栓)が血管の中を流れ、肺に詰まって肺塞栓などを誘発するおそれがあります。 予防のために心がける... 詳細表示

  • 防災情報システムについて教えてください

     松山市の災害対応を支援するため、平成17年4月に導入したシステムです。 災害時における、市内の被害情報や避難者情報などをシステム内で一元的に管理し、職員間で情報を共有できることから、災害対応をより迅速かつ適時に行うことができるようになりました。主に、松山市災害(警戒)対策本部が設置されたときに使用します。 松山... 詳細表示

  • 自然災害などの見舞金はどんなときにもらえますか

     自然災害や火災(火事)などにより住家に被害を受けた世帯に対して、「見舞金」を支給いたします。 見舞金は、被害の程度により次のとおりとなっています。 1.住家の全壊・全焼、全損の場合   1世帯につき3万円 2.住家の半壊・半焼、半損の場合   1世帯につき2万円 3.住家の床上浸水の場合   1世帯につき1万円... 詳細表示

  • 地震・大雨・台風などにおける被害通報について教えてください

    【設置要件】 災害時は119番でも通報を受けますが、地震・大雨・台風などによる災害の恐れがあるときや災害発生時には、災害対策(警戒)本部が設置され、被害通報を受けます。【連絡先】 987-7000(災害対策(警戒)本部設置の場合)【連絡内容】1 被害の調査依頼・報告2 避難場所・危険箇所などの問い合わせ3 災害復... 詳細表示

  • 今日の救急病院を教えて下さい。

    救急病院のご案内は消防局設置のテレホンガイド(電話案内)で行っておりますのでご利用下さい。電話番号は089-925-6633でございます。 詳細表示

  • 松山市水防センターについて

     松山市水防センターは、国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所が松山市森松町重信川右岸河川敷に整備した「重信川河川防災ステーション」内に松山市が建設した施設です。この施設は、備蓄倉庫や水防倉庫及び消防団の待機所、避難所などの機能を兼ね備えており、災害時においては市内南部地域における防災活動の拠点として、また、... 詳細表示

71件中 11 - 20 件を表示