• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 防災・安全 』 内のFAQ

71件中 1 - 10 件を表示

1 / 8ページ
  • 近くでサイレンがなりました。今、どこで火事が起こっているか教えて下さい。

    火災などのご案内は消防局設置のテレホンガイド(電話案内)で行っておりますのでご利用下さい。電話番号は089-925-6622でございます。 詳細表示

  • 国民保護について教えてください。 

     武力攻撃を受けた場合や大規模テロなどが発生した場合に、国民の生命、身体及び財産を保護し、武力攻撃に伴う被害を最小にするため、国・県・市町村等の役割分担やその具体的な措置を規定する国民保護法が、平成16年9月に施行され、これにより、国・都道府県及び市町村は、国民保護計画を作成することが義務づけられました。 市の国... 詳細表示

  • 救命講習の内容、種類について教えてください

    救命講習の種類は、普通救命講習(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)と上級救命講習があります。講習時間については、1 普通救命講習Ⅰ・Ⅲは3時間2 普通救命講習Ⅱは4時間3 上級救命講習は8時間です。内容については、1 普通救命講習Ⅰ・Ⅱは、気道確保、人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの使い方、異物除去の方法等、2 普通救命講習Ⅲは、乳幼児を対... 詳細表示

    • No:965
    • 公開日時:2012/03/01 00:00
    • 更新日時:2015/04/02 17:00
    • カテゴリー: 救急・救命
  • 被災した時の相談窓口

    まずは、市民相談課にお電話ください。ご相談・お問い合わせ内容をお聞きしたうえで、担当課をご案内します。 相談案内窓口:市民相談課 連絡先:089-948-6211 089-948-6690 開設時間:開庁日 8:30~17:15 詳細表示

  • 洪水ハザードマップについて教えてください

     市内全戸に配布している「改訂版まつやま防災マップ」90~93ページに150年に1回程度起こる大雨が降った場合を想定した重信川・石手川が氾濫したときの浸水想定図を掲載しています。【注意】 平成29年1月に想定しうる最大規模の降雨を想定した浸水想定区域図が公表されましたので、重信川・石手川の最新の洪水ハザードマップ... 詳細表示

  • モバイル松山消防の内容や登録の仕方を教えて下さい。

     モバイル松山消防とは、火災や自然災害の発生情報や、気象情報、避難情報などを、登録いただいた方の携帯電話やパソコンに電子メールで情報を配信するサービスのことです。一般市民の方の登録方法 1 登録用アドレスに空メールを送信して下さい。メールアドレスは mty@mpx.wagmap.jp です。 2 すぐに返信メール... 詳細表示

  • 非常持出品や非常備蓄品について知りたい(災害に備えて日頃から準備しておくもの)

    避難時にすぐに持ち出すべき「1次持ち出し品」と救援物資が届くまで(1週間分)自足するための「2次持ち出し品」の2つの段階で自分の家庭に必要なものを準備しましょう。※詳細は防災マップP30,31を参照してください。【1次持ち出し品】・貴重品(現金、車や家の予備鍵、予備の眼鏡・コンタクトレンズ、銀行の口座番号・生命保... 詳細表示

  • 松山市水防センターについて

     松山市水防センターは、国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所が松山市森松町重信川右岸河川敷に整備した「重信川河川防災ステーション」内に松山市が建設した施設です。この施設は、備蓄倉庫や水防倉庫及び消防団の待機所、避難所などの機能を兼ね備えており、災害時においては市内南部地域における防災活動の拠点として、また、... 詳細表示

  • 住宅用火災警報器について教えてください

    ■ 住宅用火災警報器の設置義務化について ○ 全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられました。Q なぜ設置しなければならないのですか?A 住宅火災による死者は増加の傾向にあり、全ての火災による死者の中でも大きな割合を占めています。私たちの生活に最も身近な場所「住宅」における安全と安心を確保するために設置が義務付... 詳細表示

  • 防火管理者資格講習の日程について教えてください。

     消防法では、多数の人を収容する防火対象物には、政令で定める資格を有する防火管理者を置くことが義務付けられています。 この講習は、その資格を取得するためのもので、(一財)日本防火・防災協会が主催して行っております。 日程、受講申込み手続き等の詳細は、(一財)愛媛県消防設備協会、または【消防局予防課】【各消防署】に... 詳細表示

71件中 1 - 10 件を表示