• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

『 下水道部 』 内のFAQ

46件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • マンホールのデザインについて教えてください

    現在、松山市で使用している下水マンホールのデザイン蓋は、街の景観環境を美しく演出するため、昭和62年から使用しています。中心に市花「ヤブツバキ」、周辺に松山市の特産品である「伊予がすり」をデザインしています。 詳細表示

  • マンホールの周辺がおかしいのですが

    マンホールについて異常が見られましたら、担当までご連絡ください。<例>○車が通るたびに振動がひどい、音がうるさい。○マンホールのふたが割れている、すりへっている。○マンホールが下がっている、飛び出している、周辺が陥没している。 詳細表示

  • 排水設備とは何ですか

    公共下水は、原則として地方公共団体が公費をもって公道などに設けるものですが、排水設備は原則として個人や事業場などが、私費をもって自己の敷地内に設けるものをいいます。具体的には、その土地の下水を公共下水道に流入するために必要な排水管や排水渠、その他の排水施設を排水設備といいます。 詳細表示

  • 合流式下水道の今後の対策について教えてください

    合流式下水道から流出したとみられる白色固形物(オイルボール)の漂着等の社会問題が発生したことを契機に、国では新たな合流改善計画に取組み、平成14年6月に改善指針を示しています。この指針では、概ね10年以内を目途に、1.汚濁負荷量の削減2.公衆衛生上の安全確保3.きょう雑物の流出防止等が目標とされています。松山市に... 詳細表示

  • 下水道施設はどのように利用されていますか?

     下水道施設は、生活排水などの汚水をきれいな水に処理する役目を持っていますが、他の利用法として松山市中央浄化センターでは、処理施設の上部を公園や運動場として活用するなど、施設を有効利用しています。 詳細表示

  • 下水道から排出される水はどのように利用されていますか?

     下水は、水、汚泥、熱等の多くの利用可能な資源・エネルギーを持っているため、省エネ・リサイクル社会の実現に向けて、それらの有効利用に取り組んでいます。現在は浄化した水の一部を、樹木への散水用や農業用水として利用しています。 詳細表示

  • 公共桝を設置申請してから使用できるまでどれぐらいかかりますか

     道路種別、施工方法、施工処理方法及び、地下埋設物の移設の有無等により、公共桝の設置にかかる期間が違いますから、下水道整備課私道・桝受付担当まで直接お問い合わせください。     (下水道整備課 私道・桝受付担当:089-948-6457) 詳細表示

  • 「下水道のしおり」が欲しいのですが

    「下水道のしおり」は、市役所第3別館1階【下水道サービス課】および本館1階【市政コーナー】にあります。また、ホームページにも掲載しておりますので、そちらをご覧ください。ご希望があれば郵送もいたしますので、詳しくは【下水道サービス課 普及・啓発担当】までお問い合わせください。 詳細表示

  • 排水設備工事の範囲はどこまで行なえばよいのですか

    道路へ敷設する下水道管(本管)と道路から私有地1m以内へ設置する公共ます(汚水ます・雨水ます)までの工事を松山市が行ないますので、敷地内の汚水菅・雨水菅をそれぞれの公共ますまで接続させる工事を私費で行なうことになります。ただし、合流地域における汚水と雨水を同じ管で流す合流式の場合は、公共ますに代わる私設ますの設置... 詳細表示

  • 下水道の役割にはどのようなものがありますか?

     下水道は、欠かすことのできない都市基盤施設であり、ナショナル・ミニマム(国が国民に保障する最低限の生活水準)としての考えが定着していますが、その役割は以下のとおりです。 ●川や海がきれいになります  私たちが使った汚い水や、工場などから出た排水を下水管に集めて、下水浄化センターに運び、浄化して放流す... 詳細表示

46件中 1 - 10 件を表示