• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

『 下水道部 』 内のFAQ

46件中 31 - 40 件を表示

4 / 5ページ
  • 排水設備とは何ですか

    公共下水は、原則として地方公共団体が公費をもって公道などに設けるものですが、排水設備は原則として個人や事業場などが、私費をもって自己の敷地内に設けるものをいいます。具体的には、その土地の下水を公共下水道に流入するために必要な排水管や排水渠、その他の排水施設を排水設備といいます。 詳細表示

  • 指定工事店の選び方は

    松山市が指定した工事店(松山市下水道排水設備工事指定工事店)であればどこでもかまいませんが、複数の指定工事店から見積もりを取り、検討することをお勧めします。そして、工事にかかる金額だけでなく、工事の内容や見積書の内訳、アフターケアなどについてもよく相談して選んでください。 *市で工事店をあっせんすることはできませ... 詳細表示

  • 下水道から排出される水はどのように利用されていますか?

     下水は、水、汚泥、熱等の多くの利用可能な資源・エネルギーを持っているため、省エネ・リサイクル社会の実現に向けて、それらの有効利用に取り組んでいます。現在は浄化した水の一部を、樹木への散水用や農業用水として利用しています。 詳細表示

  • 下水道施設はどのように利用されていますか?

     下水道施設は、生活排水などの汚水をきれいな水に処理する役目を持っていますが、他の利用法として松山市中央浄化センターでは、処理施設の上部を公園や運動場として活用するなど、施設を有効利用しています。 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金の額はどのように決まるのですか

    下水道事業受益者負担金の額は、「1平方メートル当たり単価×土地の面積(公簿面積)」となります。 1平方メートル当たり単価は、各処理区域内の工事費を基に算出します。処理区域ごとに整備に要する経費(末端管きょ工事費)を算出して、各処理区域内の面積で割って得た額です。 <1平方メートル当たりの単価金額>  ○... 詳細表示

  • 「下水道のしおり」が欲しいのですが

    「下水道のしおり」は、市役所第3別館1階【下水道サービス課】および本館1階【市政コーナー】にあります。また、ホームページにも掲載しておりますので、そちらをご覧ください。ご希望があれば郵送もいたしますので、詳しくは【下水道サービス課 普及・啓発担当】までお問い合わせください。 詳細表示

  • 下水道がいつごろ入るか(使用できるか)知りたいのですが

     下水道整備課のホームページに「整備予定マップ」を掲載していますので、2つ目の下記URLを参照してください。詳細は下水道整備課へお問い合わせ下さい。  また、既に整備された地区については、下水道サービス課に下水道台帳がありますので、そちらを閲覧して下さい。 詳細表示

  • 合流式下水道の今後の対策について教えてください

    合流式下水道から流出したとみられる白色固形物(オイルボール)の漂着等の社会問題が発生したことを契機に、国では新たな合流改善計画に取組み、平成14年6月に改善指針を示しています。この指針では、概ね10年以内を目途に、1.汚濁負荷量の削減2.公衆衛生上の安全確保3.きょう雑物の流出防止等が目標とされています。松山市に... 詳細表示

  • 下水道にはどのような種類がありますか?

    下水道法に基づく事業 としては、 (1)公共下水道  1)主として市街地の汚水を集めて下水浄化センターで処理し、雨水は水路や川に排除するものです。  2)公共下水道のうち、市街化区域以外の市街化調整区域などの下水を排除し処理するものを特定環境保全公共下水道といいます。  3)公共下水道のうち、特定の事業活... 詳細表示

  • マンホールのデザインについて教えてください

    現在、松山市で使用している下水マンホールのデザイン蓋は、街の景観環境を美しく演出するため、昭和62年から使用しています。中心に市花「ヤブツバキ」、周辺に松山市の特産品である「伊予がすり」をデザインしています。 詳細表示

46件中 31 - 40 件を表示