• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

『 下水道部 』 内のFAQ

46件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • 松山市における合流式下水道の状況について教えてください

    松山市では、昭和33年から整備を始めた中心市街地の589haを合流式で整備しています。 詳細表示

  • 松山市が下水道整備を始めたのはいつからですか?

     松山市では、昭和33年に公共下水道事業に着手し、昭和37年に四国で最初に下水処理場の運転を開始しました。  現在、市街地を中央、西部、北部、北条及び上野の5つの処理区に分けて、公共下水道の整備を進めています。 (旧北条市は、昭和50年度から公共下水道事業に着手し、昭和62年度に供用を開始しました。また、... 詳細表示

  • 排水設備工事の範囲はどこまで行なえばよいのですか

    道路へ敷設する下水道管(本管)と道路から私有地1m以内へ設置する公共ます(汚水ます・雨水ます)までの工事を松山市が行ないますので、敷地内の汚水菅・雨水菅をそれぞれの公共ますまで接続させる工事を私費で行なうことになります。ただし、合流地域における汚水と雨水を同じ管で流す合流式の場合は、公共ますに代わる私設ますの設置... 詳細表示

  • 下水が詰まったが、どうすればいいですか

    まずは、下水道の管理区分(宅地内と宅地外の区別)を確認してください。宅地内の排水設備は個人の財産ですので、ご自分で維持管理していただいております。宅地内の排水設備が詰まった場合は、ご自身で清掃するか専門業者(排水管詰まり清掃業)にご依頼ください。宅地外の排水設備が詰まった場合や、宅地内か宅地外か不明な場合などは、... 詳細表示

  • 下水道の供用開始時期について知りたい

    公共下水道管の整備工事が完了すると、公共下水道を使用できるようになる日(供用開始日)を、使用できるご家庭(宅地内に「公共ます」を取り付けたご家庭)各戸に文書でお知らせします。詳細については、【下水道サービス課 管渠管理担当】にお問い合わせください。 詳細表示

  • 指定工事店について知りたい。またいつまでに工事しなければならないのか。

    指定工事店(松山市下水道排水設備工事指定工事店)については、「下水道のしおり」や松山市ホームページに掲載しています。 公共下水道への接続工事は、公共下水道が整備され使用できるようになってから、くみ取りトイレについては3年以内、また浄化槽を使用した水洗トイレと台所・風呂など雑排水については3ヵ月以内にしてください... 詳細表示

  • 松山市の下水道管渠延長は?

     令和元年度末の下水道管渠整備延長は約1,558kmです。 詳細表示

  • 洗面所から下水のにおいがするが、どうしてでしょうか

    ご家庭の排水器具には、下水からの臭気やねずみなどの侵入を防止するために、水をためたトラップという器具が設置されています。室内で臭気がするのは、トラップが設置されてないか、その機能が十分発揮されていない場合が考えられます。また、長期間留守にした場合など、しばらく使用しないことによりトラップ内の水が無くなり、においが... 詳細表示

  • 水洗便所(トイレ)改造資金の貸付について知りたい

    公共下水道の使用可能区域内で、くみ取り便所(浄化槽も含む)を水洗便所に改造し公共下水道への接続工事をされる方に、無利息で工事費の貸付を行っています。工事施工前の申請が必要です。【貸付金額】 1世帯につき400,000円を上限とします。(工事費用の範囲内)【利息】 無利息【返済方法】 貸付を受けた翌月から毎月10,... 詳細表示

  • ディスポーザ(食品くず処理機)を使用したいのですが

    台所の生ゴミを破砕して、水と一緒に公共下水道へ流すディスポーザを単体で使用することは禁止しています。【主な理由】・破砕物の堆積による下水道管の詰まりや腐敗による悪臭の原因になる恐れがある・下水処理場の負荷が大きくなり処理機能を低下させる・合流式下水道区域に関しては、雨の日に破砕物が河川などに流出し濁流の原因となる... 詳細表示

46件中 21 - 30 件を表示